酒場放浪記おさらい『喜代美』池上

kiyomi
(初回放送_2013年2月)
吉田類の酒場放浪記を見て行きたいと思った店】

東急池上線池上駅から徒歩5分。
池上本門寺参道の裏道に佇む
創業45年の『喜代美』
おばあちゃんの味を受け継ぐ
孫の明美さんが切り盛り。

◎日本酒
『高砂鶴/山梨』ぬる燗
『白鶴冷酒』
◎アテ
『しゅうまい』
餅米でくるんだここの名物。
『山芋焼き』大和芋をおろしてフライパンで焼き
海苔で巻いてわさび醤油で食べる。
似たようなので
野毛の某店にはジャガイモをすりおろして
焼き上げる野毛焼きというのもある。
じつは2品とも我が家でチャレンジしてみたけど
くずれることなく形を仕上げるのが難しい。
形は崩れて失敗しても口の中に入れれば
モチモチとした食感でどちらも美味しかった。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 吉田類の酒場放浪記

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

「酒場放浪記」は欠かさず観ております。

ただ、最近では観るたびにフラストレーションも溜まってくるようで、
ちょっと辛いかな~(笑

現役を退くと東京へ出る機会も稀になり、
呑み友達もとっくに年金生活者ですから、余計に外呑みの機会が無くなったわけで。

当時は《ともぞうさん》に劣らず?一年200日以上は居酒屋通いでしたが、
現在はひたすら家呑みになってしまいました(^_^;)

年に三回ほど、なんやかや理由をこしらえて東京に出ますが、
この時とばかり、いやしく何軒もハシゴしてます(笑

ともぞうさんのブログで非常に有難かったのは、バーの情報でした。
私はあまりバーを知りませんので(ルパン、八重洲のブリックぐらいでしょうか)
今度東京に出撃する時の参考になりました^^。

「一本のえんぴつ」と「酒場漂流記」。
垂涎の的となってしまいました^^!


NANTEI様

コメントありがとうございます。
私も、帰省して2、3日経つと
東京、横浜のネオンや雑踏が恋しくなります。
ここ何年か、もっぱら日本酒メインで吞んでます。
その分、酔ってはまわりに迷惑をかけてるようです。
私も定年は過ぎているので仕事も人生も
あとはオマケのようなもので生かしてもらってる感じです。
つぎになにをしようか…がいまのところの課題です。
自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜『野毛』と渋谷『のんべい横丁』を
ホームグランドとして
のんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks