酒場放浪記おさらい『志の笛』新宿 思い出横丁

shinofue
(初回放送_2013年2月)
吉田類の酒場放浪記を見て行きたいと思った店】

のんべいにとって
新宿の二大聖地、『新宿ゴールデン街』と
ここ、だれが云ったか
ションベン横丁こと『思い出横丁』。
昭和26年に初代の大将、女将夫婦が始めた『志の笛』
いまは二代目ママと三代目ママの
母娘で切り盛りしている。
その二代目ママが店頭で初代から引き継ぐタレで串を焼く。

◎酒
『五島灘』
二代目ママの出身地、五島の焼酎。

◎アテ
『山芋のあげ焼き』
初代考案のレシピで
厚めにスライスした山芋を素揚げにして
バター、しょう油で食べる、ここの人気メニュー。
『どんどん焼き』
切りイカ、干しエビをトッピングした
見た目はチヂミのよう。

屋号は初代の大将(お祖父ちゃん)が
好きだった篠笛から『志の笛』と命名。
2階のテーブル席では
ここで知り合った吞み友たちが集まって酒盛りしていて
母娘の温かい雰囲気が2階にまで伝わって心地良さそうだった。

画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 新宿ゴールデン街 吉田類の酒場放浪記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks