酒場放浪記おさらい『鹿島屋』三田(港区芝)

kashimayadesu
(初回放送_2013年3月)
吉田類の酒場放浪記を見て行きたいと思った店】

先代ご主人から、奥さんへ、
またその娘さん姉妹へと引き継がれている
昭和6年創業の『鹿島屋
店頭で妹の秀子さんがモツを焼く店のスタイルは
創業当時のまま。
昔、常連サンたちが勘定につかないようにと
床に捨てた串がこんなにあったと
両手で輪をつくり
「それでもやってこれた、いい時代だったね」
と笑う姉さんのよし子さん。
その姉妹がつくりあげてる
気取らないざっくばらんな店の空気に
常連さんたちもいい意味で
番組の進行、カメラを気に留めることなく
いつもどおりにくつろいでる。

◎アテ
『モツ煮込み』
この店のシンボルとも云える
年季の入った大鍋に仙台味噌でじっくり煮込んだもの。
『子持ちイカ』
見た目が似ていることから海みょうがとも云う
卵がぎっしりとつまったヤリイカ。
『マグロの中落ち』
築地に知り合いがいたことから
手に入るマグロ。
洋カラシで食うのが築地流。

煮込みは店の顔、
大鍋でじっくり煮込まれてる
ここのモツを食ってみたい。
以前はいまの3倍くらいの大きさの
鍋だったらしい。


画像検索
のんべいスケッチ』で画像検索すると
スケッチがどっとでてきます。


にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : お酒日記
ジャンル : 日記

tag : 吉田類の酒場放浪記 鹿島屋

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

ともぞう(いけだふみのり)

Author:ともぞう(いけだふみのり)
横浜野毛と渋谷のんべい横丁を
ホームグランドとしてのんべいな日々をスケッチしてます。

いままでの日記
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Thanks